京成電鉄と北総鉄道でスカイライナーの事故訓練

スカイライナー事故を想定  

訓練で連携確認 京成電鉄と北総鉄道

2011年07月23日14時37分[県東エリア]

 列車事故発生時の対応と技術力向上を図ろうと、京成電鉄(東京都墨田区、三枝紀生社長)と北総鉄道(鎌ケ谷市、笠井孝悦社長)は21日、印西市みどり台の印旛車両基地で、北総線に乗り入れている新型スカイライナーの事故を想定した合同訓練を行い、両社の関係者約80人が非常時の連携や作業手順を確認した。

 訓練は、北総線新鎌ケ谷駅付近でスカイライナーが線路上に落ちていた鉄棒に接触し緊急停止。運転士が重傷を負い運転不能となり、乗客2人が負傷したとの想定でスタート。

 事故発生の報に参加した社員らはすぐさま情報収集に当たると、対策本部を設置。関係各方面への連絡通報や非常脱出はしごを使った負傷者の救助、乗客の避難誘導、代替バスの確保などを手際よく進めた。


引用元: スカイライナー事故を想定 訓練で連携確認 京成電鉄と北総鉄道|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。