北総鉄道、開業来初めて債務超過解消 でも有利子負債は・・

北総鉄道が債務超過解消 中間期は増収増益 開業来初

北総鉄道(鎌ケ谷市)が18日発表した2012年9月中間決算は、売上高に当たる営業収益が前年同期比4・1%増の79億600万円、純利益が21・8%増の14億1100万円だった。これにより、1979年の開業以来初めて債務超過が解消され、純資産約5億円を計上した。ただ、累積赤字はいまだ243億円に上る。

同社は建設費用の返済と金利負担が経営を圧迫、千葉ニュータウンの計画人口縮小で乗客数が伸び悩んだことで、赤字が膨らんだ。コスト削減と金利低下で2000年度から黒字が出始め、最大で198億円(99年度末)に上った債務超過を、12年間で解消した。

北総線では高額運賃が問題となり、地元自治体が値下げ要望を続けている。債務超過の解消による運賃値下げの可能性について、同社は「有利子負債は約890億円、累積赤字もあり、現段階で考えられる状況ではない」と説明。また、「ようやく経営安定化へ一歩進んだ。今後、収支バランスを保ちながら老朽化対策など安全面の投資を実施していかなければならない」とした。

引用元: 北総鉄道が債務超過解消 中間期は増収増益 開業来初 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

お!いいニュースだ!と思いきや有利子負債「890」億にはガックリ。普通の会社ならとっくに飛んでます。

国のどんぶり勘定なツケを、沿線住民はいつまで背負わなきゃいけないんでしょうか。
一度、十三させて民間に委託でもしたら?

 

北総鉄道株式会社.

以下の民事裁判も進行中。

北総線値下げ裁判の会-トップ.

北総鉄道 – Wikipedia.

関連記事

9件のコメント

  1. 借金を、北総鉄道の売上だけで返そうとするから返済が進まない。
    安い線路利用料だけを北総に払い、ドル箱のスカイライナーで利益を独占する京成電鉄に相応の負担をさせるべき。我々が払う高額運賃で、スカイライナーのJRに対する価格優位が成り立っている。
    だいたい、印旛日本医大までの運賃がJR同距離の倍の設定なのに、その先の成田まで使うとなぜかJRより料金が安くなるのがおかしい。

    それもこれも、「上下分離方式」とかいう不平等な取り決めによる。

    一般的には鉄道が他線区に乗り入れるとき、乗り入れた先の路線の区間の収入は得られない。乗り入れた先の路線の会社が受け取る。
    しかるに、京成電鉄は北総鉄道に乗り入れているにも関わらず、先述の「上下分離方式」という言葉のまやかしによって北総鉄道区間の運賃収入までもせしめている。
    当然、京成電鉄が受け取った運賃収入は、890億もある北総鉄道の有利子負債の弁済には1円も使われない。
    もはや、フリーライダーという言葉が適切だろう。フリーライダーとは、鉄道会社が一番忌み嫌う言葉、つまり「タダ乗り」のこと。これを鉄道会社自身がやっているのだからどうしようもない。

    対策は2つある。
    1つは、当たり前に京成電鉄が北総鉄道区間への「上下分離方式」をやめて、乗り入れとすること。
    もう1つは、そこまで京成が上下分離方式にこだわるならそれもいいだろう、逆に北総鉄道から乗り入れる高砂~押上間を、北総電鉄に対する上下分離方式とすればよい。こうすれば、北総電鉄からの乗客は京成電鉄へ支払う運賃負担分が不要になるため、都心乗り入れ時の費用は軽減される。

    北総沿線の住民は、有利子負債の弁済に何一つ協力しない京成電鉄に対して支払う運賃余裕などもっていない。
    そのことを京成電鉄はよく自覚をするべきだ。

    ・・・ちなみに、昔北総鉄道への貸金を2度棒引きしたから、それを引き合いに施設を安く使わせろ、というのは甚だ見当違い。

    1. 正しいことを言う人。殿

      あなたの言っていることは支離滅裂。
      「上下分離方式」とか「一般的には」とかもっともらしい言葉繰りだが、論理的に滅茶苦茶です。
      もう少しお勉強されたほうがよろしいかと。

    2. 正しいことを言う人様

      >当たり前に京成電鉄が北総鉄道区間への「上下分離方式」をやめて、乗り入れとすること。

      #そういう理屈なら、旧公団線区間も上下分離方式をやめないと、つじつまがあわないですね。さらに、京成アクセス特急と旧公団線区間の運転手&車掌分、駅員などの人件費委託料ももらえなくなりますので、減収になりますよ。

      >逆に北総鉄道から乗り入れる高砂~押上間を、北総電鉄に対する上下分離方式とすればよい

      #当然、京成に払う線路使用料が発生しますよね。そして、北総にはさらなる運行経費負担も発生します。

      印西中の原さんが言っている論理的にめちゃくちゃとは、こういうことです。

      1. > 京成アクセス特急と旧公団線区間の運転手&車掌分、駅員などの人件費委託料ももらえなくなりますので、減収になりますよ。

        これは本当にそうなんですか?京成は委託費などをアクセス特急の収益から
        払ってるんですよね。それなら北総がアクセス特急(高砂・印旛日本医大間)
        を単独で運行すれば京成にはいる粗利分、トータルで増収になる気がします。

        もし北総が減収ということなら、京成は現在アクセス特急を赤字で運営
        しているということになります。

        1. 匿名さま

          返信遅くなりました。

          >北総がアクセス特急(高砂・印旛日本医大間)を単独で運行すれば京成にはいる粗利分、トータルで増収になる気がします。

          細かい計算になりますが、おそらく収支トントンでしょうね。
          北総が仮に自前で運行するとなると、人件費の増大、車両使用料の増大になりますから。

          >京成は現在アクセス特急を赤字で運営しているということになります。

          スカイアクセス線全体の経費を、スカイライナーとアクセス特急で按分する(運行本数はほぼ1:1です)と考えると、アクセス特急の収入に対しては赤字で運行していますよ。
          単純計算で、スカイライナーでの収入はアクセス特急の2倍以上ですから。

          その昔、「裁判の会」の掲示板で、裁判の会のメンバーの主張がことごとく論破されて、これ以上議論を続けても自らのアラが増えるだけと判断されて掲示板が閉鎖されました。
          そんな経緯もありますし、このサイトの管理人様のお考えやご意向もありますので、この程度で失礼します。

  2. ああいった連中はろくな仕事もせず暇なんだろうに、勉強もしていない。

  3. タイトル誤ってますよ。

    開業以来初なのは債務超過解消です。
    増収増益はここ最近はずっとです。
    有利子負債も10年前は1300億円で順調に減っています。

    北総の経営問題はデリケートなので安易に考察しないほうが良いと思います。

    1. 「デリケート」というよりは、某団体などの主張は、資本主義・自由経済社会を無視したトンデモ理論ばかりで、まともな提案を聞いたことがありませんし、某議員の主張も、会社法や税法を無視した単なる戯言ばかりですしね。

      「難癖つける」んじゃなくて、まともな提案や主張を聞きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。