白井市神々廻の空き地に廃材不法投棄 容疑者逮捕

壊した住宅の廃材空き地に不法投棄

千葉県警、容疑で父子逮捕

2011年04月08日14時59分

住宅の廃材を不法投棄したとして、県警環境犯罪課と印西署は7日、廃棄物処理法違反の疑いで市川市中山2、不動産賃貸業、小宮山久和容疑者(66)と長男で不動産管理業、宏和容疑者(33)を逮捕した。

逮捕容疑は1月12~15日ごろの間、数回に分けて、白井市神々廻の空き地に、住宅廃材の木くずやコンクリート、プラスチックなど約47立方メートルを埋めた疑い。

同課によると、2人は容疑を認めている。船橋市内の2階建て住宅を壊してアパートを建設しようとし、壊した住宅の廃材を捨てていた。


引用元: 壊した住宅の廃材空き地に不法投棄 千葉県警、容疑で父子逮捕|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事

1件のコメント

  1. この親子はあちこちで悪さ(詐欺・窃盗等)をしています。一見やさしそうですが要注意。北方2丁目2-18-20.080-3250-2376

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。