花火大会中止について印西市から中間報告

hanabi

未だ尾を引く印西花火大会中止の混乱。
印西市からその中間報告が発表されました。内容的には目新しい動きはなく、市議会から発足した「調査委員会」の対応が列記されています。

花火業者との話し合いも平行線のようで、このまま費用の1500万は業者に支払われるのでしょうか。なお寄付金は返済手続きを行っているとのことで、一応のけじめはつけた格好ですが、なんにせよすべて税金で賄われているのが痛いところ。

まだ解決には程遠い内容ですが、どう収拾されるか見守りたいと思います。

 

花火大会中止に係る市の動きについて(中間報告)

市としましては、市と打ち上げ業者との間で、大会中止に至る事実認識の違いがあることから、打ち上げ業者と協議を進めており、協議結果に基いて対応したいと考えております。
また、大会に先立ちご寄付をいただいた皆さまには、返金の手続きをさせていただいているところです。

こうした一連の報告に関しては、今後も『広報いんざい』や市ホームページを通じて報告を行っていく予定です。

※全員協議会・調査特別委員会の会議録は、今後、印西市議会のページ「会議録の検索・閲覧(別ウインドウで開く)」の中で掲載を行う予定です。

関連記事

2016年8月28日追記 印西市花火大会中止の顛末  2016年8月27日お祭り情報 いんざいふるさとまつり・白井市夏祭り・印西市花火大会・印西ニュータウン夏祭り

印西市花火大会中止の経緯が印西市から公開

来年以降の花火大会は「もうありません」

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。