「花子とアン」「信長協奏曲」ロケ地の榎、台風9号の影響で倒木 印西市 2016年8月27日追記

2016年8月27日追記

非常に残念なニュースです。
ロケ地として有名な印西市中根の大曲の榎が、8月22日に直撃した台風9号の影響により倒木しました。

2016-08-27-1518

現場であまりに無残な姿に絶句しました。

2016-08-27-1513

大きく枝葉を広げていた榎は、見る影もなく小さくなっていました。

 

2016-08-27-1510

2016-08-27-1534

幹は大きく折れ曲がり、傷跡がむき出しの状態です。

2016-08-27-1516

枝葉は倒木直後に道を塞いでしまったためか、切り落とされていました。

2016-08-27-1509

2016-08-27-1524

この榎がこのまま朽ちていくのかはわかりません・・。復活を願うばかりです。

P7181272

もうこの姿が見れないのは非常に残念でなりません。

2016年8月27日追記ここまで

 

P7181264

テレビ「花子とアン」や「信長協奏曲」のロケ地となった大きな榎が印西市にあると聞き、調べてみると、

うーん、小さくてよくわからない・・。さすがのGoogleさんでもここまでなので実際見に行ってみました。悪路のため車では行けませんので、自転車で行くのがベストです。

P7181194

あった!悪路の雑木林から、突然視界が開けて目の前に現れた榎。

P7181246

いや~イイ!近づくとその大きさを実感します。

P7181272

どの角度から見ても絵になる!

P7181285

アスファルト舗装されてない道路のため、ロケ地として重宝されてるのが分かります。

P7181329

光の加減で、いろんな表情を見せてくれます。

P7181330

田んぼの緑と空の青さ。このコントラストがまたイイ!

P7181338

田んぼナメからの榎。素人がどっからでもいい絵が撮れる樹です。

P7181340

ぐにゃりと曲がった幹は、まるで日本画のよう。

P7181342

7月の太陽の元、青々とした葉を広げています。

P7181347

幹は幾重にも樹皮がかさなり、神秘的です。そのためか空洞化して危険との注意書きも。

P7181344

活き活きとした周りの田んぼ。いつまでいても飽きません。

↑場所は市道にも近いですが、行き方は困難ですのでご注意を。

360度どう撮っても違う表情が魅力。

P7181226

トイカメラ風にしても絵になる!

P7181281

セピアにしても味わい深い!

P7181292

ジオラマ調にしてもバッチリハマる!

P7181261

トーンを抑えても神秘的で美しい。

秋から冬にかけてもまた違う表情を見せてくれそう。必ずまた撮りに来たくなる、そんな不思議な樹でした。

 

花子とアン

『花子とアン』は、2014年上半期に、NHKの総合テレビジョンとBSプレミアムで放送された連続テレビ小説・第90シリーズの日本のテレビドラマ。『赤毛のアン』の日本語翻訳者である村岡花子の半生を原案としたフィクションで、中園ミホ脚本により制作された。 ウィキペディア
初回: 2014年3月31日
最終回: 2014年9月27日
放送局: 日本放送協会
言語: 日本語

信長協奏曲

信長協奏曲』(のぶながコンツェルト)は、石井あゆみによる日本の漫画。『ゲッサン』(小学館)創刊号(2009年)から連載中。第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」、7位。

2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてテレビアニメ・実写テレビドラマ・実写映画の3媒体を同時企画・随時展開する。

 

 

 

関連記事

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。