個人情報:市民の情報が流出−印西市

毎日新聞 2012年05月23日 地方版

 印西市は22日、市のホームページ(HP)上に掲載した今年度から20年度までの市総合計画にパブリックコメントを寄せた市民の個人情報が閲覧できる状態になっていたと発表した。

市によると、市民7人の意見を掲載する目的で、昨年8月からHP上に個人情報を削除したパブリックコメントを掲載した。ところが、市民の一人から今月7日に「検索サイトで自分の名前を調べたところ、名前と住所が載ったパブリックコメントが閲覧できた」と指摘を受けたという。

市は同日中にパブリックコメントの情報を削除し、同時に検索サイトにも削除を要請、主要サイトから閲覧できなくした。7人に対しては謝罪した。

本来、HPに掲載する資料は新しく作成し直さなければならない。しかし、今回は、内部資料を基に個人情報を削除する形で掲載したため、完全に消去しきれず、ウェブ上に情報が流出したという。

引用元: 個人情報:市民の情報が流出−−印西市 /千葉- 毎日jp(毎日新聞).

検索サイトで自分の名前を調べたところ

不謹慎ながらちょと笑えます。なんで自分の名前検索したんでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。