北総線補助金賛成派と反対派拮抗 白井市議会

北総線補助金支出賛成派と反対派拮抗 白井市議会 今後も混乱?

北総線の運賃値下げをめぐる補助金支出が争点となった白井市議選。賛成、反対の議員構成はほぼ互角で、議会の混乱はしばらく続きそうだ=議場がある白井市庁舎(石井那納子撮影)

北総鉄道(北総線)の運賃値下げにからむ千葉県白井市の補助金支出をめぐる賛否が最大の争点として注目されていた同市議選(定数21)は、24日の投開票の結果、賛成派が11議席を獲得し、わずかながら反対派を上回った。しかし、事実上、市を二分する争いとなったことで、反対派も譲歩する気配はなく、前市長失職に伴う出直し市長選で賛成、反対のどちらの市長が誕生しても、今後の議会運営の混乱は避けられそうにない。

北総線をめぐっては、県と沿線6市の合意に基づき昨年7月に値下げが実施されたが、同市では原資となる補助金支出を予算化できず、当時の横山久雅子市長が専決処分を行った。

今回の選挙では、補助金支出賛成派から11人が当選。無所属の松井節男氏(69)は「住民の良識ある判断により、賛成派が完全勝利した。合意を破棄することが、市にどれだけの損失をもたらすか、建設的な議論が必要だ」と述べ、補助金支出の予算化がスムーズに進められるよう、議会内で働きかけを強めるとしている。

一方、反対を明確にしている当選者は現時点で9人にとどまった。無所属の柴田圭子氏(53)は「僅差とはいえ、確実に今後の議会運営は厳しくなるだろう。中立派の取り込みが必要だ」と語り、新人議員らに補助金支出の問題点などを説明して賛同を得たい考えだ。

引用元: 【統一地方選】北総線補助金支出賛成派と反対派拮抗 白井市議会 今後も混乱?+(1/2ページ) – MSN産経ニュース.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。