白井梨ブランデー:5時間で完売 追加販売も予約殺到

白井梨ブランデー:5時間で完売 追加販売も予約殺到 /千葉

 ◇破産手続き中の三セク、在庫品5分の1の価格で

 破産手続き中の白井市の第三セクターの酒造会社「白井梨ブランデー」が、在庫品を従来の販売価格の5分の1の価格で放出したところ、わずか5時間で完売した。毎日新聞が放出前に記事で紹介し、さらにインターネットのニュースサイトにも配信され、全国から問い合わせが殺到する状態となった。

 第三セクターは破産が決まった時点で、木の樽入りのブランデー約1万5000リットルを在庫として抱えていた。このうち5000リットルを西印旛農協が買い取って、直営の農産物直売所「やおぱぁく」(白井市木)で1月29日に販売した。

 2日前の同27日、これを毎日新聞千葉県版が紹介。同日朝にネットのニュースサイトへ配信され、読んで関心を持った人が検索。27日0~24時の「Yahoo! 検索急上昇ワードランキング」で「白井梨ブランデー」が2位、販売会場の「やおぱぁく」も3位に入った。

 売り出されたのは、94~05年に樽に仕込まれ熟成された高級ピュアブランデー。もともと「原酒しろい」という商品名で、720ミリリットルびんで1万2600円で売られていた。これに同農協は2500円の値をつけた。

 発売時は直売所に客が50メートル前後も行列を作り、駐車場には新潟や長野など県外ナンバーの車も多かった。第三セクター社長の伊澤史夫・市市民経済部長も「『ヤフーを見た』という電話が多く来た」と話す。

 これに気をよくした農協は残る1万リットルの在庫も買い上げ、追加販売の予約を受け付けたところ、全国から問い合わせや申し込みが殺到。北海道や沖縄からも注文があり、直売所の電話はつながりにくい状態となった。在庫1万リットルは、3月初旬に店頭販売される分を除いて予約完売した。店頭販売日は決まり次第、市と農協のホームページに掲載される。

 第三セクターは在庫の売り上げから容器代や酒税を除いた純利益約1000万円を、債権者に返済する。

引用元: 白井梨ブランデー:5時間で完売 追加販売も予約殺到 /千葉 – 毎日jp(毎日新聞).

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。