本埜に白鳥戻る!すでに400羽

先日お伝えした、白鳥失踪事件ですが、

白鳥がいない・・。 本埜の白鳥池2016年

なんてことはなく、以下のサイトによると、12/7には戻ってきたそうです。

平成28年度のハクチョウ飛来状況 本埜第二小学校

 

imag1016

2週間ぶりにに見に行ったら、すでに400羽も戻ってきていました。
17時までには全ての白鳥が戻るようなので、16時~17時が見頃かも。早朝もいいですね。

今後さらに1000羽まで増える予定なので、また行ってみます。

2016-12-18-2542 2016-12-18-2543 2016-12-18-2544 2016-12-18-2545 2016-12-18-2546 2016-12-18-2547 2016-12-18-2548 2016-12-18-2549 2016-12-18-2550 2016-12-18-2551 2016-12-18-2552 2016-12-18-2553 2016-12-18-2554 2016-12-18-2555 2016-12-18-2556 2016-12-18-2557

2016-12-18-2565

2016-12-18-2564

関連記事

本埜の白鳥池(白鳥の郷)2013

毎年10月~3月まで白鳥が飛来する池が印西市(旧本埜村)にあります。数年ぶりに観てきましたが昔に比べだいぶ白鳥の数が増えていました!清水口調整池やニュータウン調整池とは桁違いでした。1000羽(印西市調べ)もいるそうです。
他県ナンバーも増え、ちょっとした観光スポットになりました。

[insert_meta key=”map”]

千葉県印西市中根1963

2013/01/05 たくさんの白鳥が飛来

例年になく寒い年明けになりましたが、今年もたくさんの白鳥が飛来しました。

去年と同じぐらいたくさんの白鳥がいました。

IMG_2270 IMG_2272 IMG_2273 IMG_2274 IMG_2280 IMG_2293 IMG_2294 IMG_2301 IMG_2316 IMG_2317

近隣小学生の「白鳥へのメッセージ」。竹で作られたあたたかい言葉に1月の寒さを忘れます。

 2011/01/19

朝九時に行きましたが気温3度・・。寒い! 遠くから見てもわかりませんが近づくと、

すべて白鳥でした!その数600羽。圧巻です。朝7時と夕方4時に餌付けをしているそうですのでその時間を狙うのもいいかも。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=jSx0DDlDHb8[/youtube]

水面は凍結していました。白鳥さん寒くないんでしょうか?

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=-VxEB2zjlpA[/youtube]

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=NQcOjjoo8Xo[/youtube]

案内看板には越冬するためシベリアからの飛行ルートや、白鳥の郷誕生秘話がつづられています。

DSCF6422DSCF6423

案内看板引用

平成4年11月14日、当時千葉県鳥獣保護議員をしていた出山光男さんは、家の前の農業廃水路工事のため田んぼの溜め水に6羽の白鳥が舞い降りたのを見つけ、弱い動植物を愛し自然を愛する心は人一倍強かった光男さんは、誰もが無理と思った餌付け一人で毎日同じ服装で、同じ時間の朝、昼、夕と三回にわけ、百二十日間にわたり餌を与え続けた結果、年々平数も増え、平成10年には125羽飛来数に達し、村内外からも多くの見学客の来るところとなり、今も本埜村(現印西市)唯一の名物として愛され親しまれている。

DSCF6427DSCF6428DSCF6432←子供たちのメッセージが書かれた柵。こういう演出っていいですね。

現地には簡易案内所と仮設トイレが設けられています。

DSCF6438DSCF6437

もともと水田でしたが水量安定のためポンプがフル稼働していました。ペット同伴はNG。

DSCF6433DSCF6414

交通機関がないため、車で行かれる方は下記の案内を参照ください。現地は非常に分かりにくい場所にあるのと、駐車場が無いため路上駐車になります。ご注意ください。

印西市ホームページ 「本埜白鳥」飛来状況(1/19現在)

1/19(水)現在で、1,000羽程の飛来が確認されております。写真は、飛来地となっている水田の白鳥を撮影したものです。撮影時刻は、夕方の3時40分です。白鳥飛来地の近くは、ほとんどが水田で、人家もまばらです。 お車でご来場の際は、下記を目標にお越し下さい。
本埜第二小学校  印西市笠神1745

現地では、「白鳥を守る会」の皆さんの指示に従い、マナーを守って、見学しましょう。

 

 

関連記事

校庭の桜延命へ住民ら土壌改良 印西市立本埜第一小

校庭の桜延命へ住民ら土壌改良

3年計画最終年 印西市立本埜第一小

2011年02月20日11時07分[千葉エリア]

印西市中根の市立本埜第一小学校(片野信一校長、児童59人)で今年も、学校のシンボルとなっている樹齢95年前後の桜(ソメイヨシノ)の延命作戦が行われ、教職員と保護者、地域住民、樹木医ら約25人が協力して土壌改良作業に当たった。

桜の治療は枯れ具合が進んでいた校庭に植わる桜の巨木2本を延命させようと、3年計画で実施。1、2年目には幹から伸びた根を竹筒を使って土中に誘導したり土壌改良を行った。

計画最終年の今年は桜の周囲に穴を掘り、堆肥や炭、腐葉土を入れて土壌改良。参加者は根を傷つけないように慎重に作業に当たっていた。延命に協力する樹木医のNPO「樹の生命を守る会」の永野修さんは「新しいこずえが10~20センチほど伸びており、元気になっている証し」と回復具合を診断した。


引用元: 校庭の桜延命へ住民ら土壌改良 3年計画最終年 印西市立本埜第一小|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事