ハクチョウ生態、環境授業で学ぶ 清水口小学校

ハクチョウ生態 環境授業で学ぶ

白井市の白鳥の会が30日、市立清水口小学校(池田幸夫校長)の環境授業で3年生81人に、学校そばにある七次川防災調節池(通称・清水口調整池)に飛来しているオオハクチョウの生態などについて話した。

地元の鶴田敏子さん(66)が、ハクチョウの餌になる水草が調整池から消えた1997年に会を発足させ、地元の農家からもらった未熟米などで餌付けを始めた。2009年は最も多い22羽が飛来。今冬は10羽が越冬しているという。

会員3人が各クラスで教壇に立った。鶴田さんは、くちばしに釣り針や糸が絡まったオオハクチョウの写真を見せながら、「これは人災です」。児童らは「人間がごみを捨てることでハクチョウが被害を受けている。かわいそう」と感想を述べた。鶴田さんは「古里の自然をどう守っていくか。自分にできることを考えて下さい」と訴えた。

引用元: asahi.com:ハクチョウ生態 環境授業で学ぶ-マイタウン千葉.

関連記事

地元アスリートが授業 印西の2小学校

地元アスリートが授業 体育教諭の指導サポート 印西の2小学校


 印西市の市立小学校2校で本年度から、体育の授業に地元・順天堂大学の学生や卒業生らトップアスリートが加わり、教諭の指導を補助する文部科学省の「スポーツコミュニティ形成促進事業」が継続的に実施されている。

千葉県内で現在、同事業の小学校体育活動コーディネーターの派遣を受けているのは、本埜第一小学校と隣の本埜第二小の2校。体育専門の教諭がいない小学校授業に、地域アスリートを活用することで児童の体力向上を図るのが主な目的という。

このうち本埜第一小学校(片野信一校長、児童59人)では、事業委託されたNPO法人クレンサ・スポーツ・アカデミー(冨山直樹理事長)が2学期から学校側の要望に合わせ、順大生やOBらを専門指導員として派遣。これまでの授業で、マットや鉄棒といった器械運動、陸上などの指導の支援を行った。

女子児童は「いろんな体操や、速く走るコツを教えてもらえてよかった」「ハードルで見本を見せてもらい、私もああいう風になりたいと思った」と笑顔を見せた。

引用元: 地元アスリートが授業 体育教諭の指導サポート 印西の2小学校 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事

牧の原に少年院があった?印旛少年院跡

1969年から始まった千葉ニュータウン計画のさらに昔、
現在の西の原小学校辺りに少年院が存在していたそうです。
その名は「印旛少年院

千葉県印西市西の原2丁目7

調べてみると戦時中「印旛地方航空機乗員養成所」なる施設があり、その建物がそのまま少年院として利用されました。

  • 1945年7月には、養成所の生徒舎が数機の米軍機に銃撃され、7人が死亡したと伝えられています。
  • 1954年(昭和29)8月26日(木)にはこの印旛特別少年院から76人が脱走するという事件が起きました。
  • 当時流行した年少小唄(放送禁止歌)に「焼きの印旛か八街か」と歌い継がれました。
  • 1976年に業務停止。1983年に千葉ニュータウン開発公団に土地財産払い下げ。
  • 過去の住所は「千葉県印旛郡船穂村」となります。

1947年の米軍撮影航空写真の印旛少年院。

現在の地図との合成

現在の地図と重ねてみると、ちょうど西の原小学校あたりにあったと確認できます。

印旛少年院跡

現地へ見に行きましたが、わずかに当時のあぜ道が残っている程度で跡形もありませんでした。

DSCF6518DSCF6517

住宅地を造成中でした。印旛少年院の時代からあるシイの木は現存していますが、「シイの木を活かした公園」に造成されるため立ち入りは禁止されていました。航空学校時の石碑もあるらしいのですが確認できず。残念。

DSCF6520DSCF6522

枝を大きく広げて静かにたたずむシイの木。太平洋戦争からいろんな光景を見てきたのでしょう。威厳を感じます。

DSCF6521DSCF6523

現在の西の原小学校。もちろん航空学校や少年院の面影は全くありません。

DSCF6519

印西にも歴史あり。先人たちが今の千葉ニュータウンを見たらどんな思いを抱くのでしょうか。

関連記事