印西市の発作川 コブハクチョウのヒナふ化

コブハクチョウのヒナふ化

 千葉県印西市の発作川に生息するコブハクチョウのヒナが孵化(ふか)した。灰色の産毛に覆われたヒナは親鳥について泳ぎ回り、愛(あい)嬌(きよう)を振りまいている。

周辺に数十羽生息するコブハクチョウは、渡りをせずに1年中この地域で過ごすという。10年ほど前から見守っている今井武さん(74)によると、10日ほど前に7羽のヒナを確認した。餌やりのために指笛を吹くと集まってくるコブハクチョウの親子に、今井さんは「自分の孫のようだ」と目を細めている。

引用元: コブハクチョウのヒナふ化 – MSN産経ニュース.

最近、暗いニュースが多いので白鳥のヒナに癒されます♪ちなみに発作川ってこのあたりでしょうか。よく見ると手賀沼って一部印西市に入ってるんですね。

千葉県印西市発作

関連記事