本埜の白鳥池(白鳥の郷)2013

毎年10月~3月まで白鳥が飛来する池が印西市(旧本埜村)にあります。数年ぶりに観てきましたが昔に比べだいぶ白鳥の数が増えていました!清水口調整池やニュータウン調整池とは桁違いでした。1000羽(印西市調べ)もいるそうです。
他県ナンバーも増え、ちょっとした観光スポットになりました。

[insert_meta key=”map”]

千葉県印西市中根1963

2013/01/05 たくさんの白鳥が飛来

例年になく寒い年明けになりましたが、今年もたくさんの白鳥が飛来しました。

去年と同じぐらいたくさんの白鳥がいました。

IMG_2270 IMG_2272 IMG_2273 IMG_2274 IMG_2280 IMG_2293 IMG_2294 IMG_2301 IMG_2316 IMG_2317

近隣小学生の「白鳥へのメッセージ」。竹で作られたあたたかい言葉に1月の寒さを忘れます。

 2011/01/19

朝九時に行きましたが気温3度・・。寒い! 遠くから見てもわかりませんが近づくと、

すべて白鳥でした!その数600羽。圧巻です。朝7時と夕方4時に餌付けをしているそうですのでその時間を狙うのもいいかも。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=jSx0DDlDHb8[/youtube]

水面は凍結していました。白鳥さん寒くないんでしょうか?

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=-VxEB2zjlpA[/youtube]

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=NQcOjjoo8Xo[/youtube]

案内看板には越冬するためシベリアからの飛行ルートや、白鳥の郷誕生秘話がつづられています。

DSCF6422DSCF6423

案内看板引用

平成4年11月14日、当時千葉県鳥獣保護議員をしていた出山光男さんは、家の前の農業廃水路工事のため田んぼの溜め水に6羽の白鳥が舞い降りたのを見つけ、弱い動植物を愛し自然を愛する心は人一倍強かった光男さんは、誰もが無理と思った餌付け一人で毎日同じ服装で、同じ時間の朝、昼、夕と三回にわけ、百二十日間にわたり餌を与え続けた結果、年々平数も増え、平成10年には125羽飛来数に達し、村内外からも多くの見学客の来るところとなり、今も本埜村(現印西市)唯一の名物として愛され親しまれている。

DSCF6427DSCF6428DSCF6432←子供たちのメッセージが書かれた柵。こういう演出っていいですね。

現地には簡易案内所と仮設トイレが設けられています。

DSCF6438DSCF6437

もともと水田でしたが水量安定のためポンプがフル稼働していました。ペット同伴はNG。

DSCF6433DSCF6414

交通機関がないため、車で行かれる方は下記の案内を参照ください。現地は非常に分かりにくい場所にあるのと、駐車場が無いため路上駐車になります。ご注意ください。

印西市ホームページ 「本埜白鳥」飛来状況(1/19現在)

1/19(水)現在で、1,000羽程の飛来が確認されております。写真は、飛来地となっている水田の白鳥を撮影したものです。撮影時刻は、夕方の3時40分です。白鳥飛来地の近くは、ほとんどが水田で、人家もまばらです。 お車でご来場の際は、下記を目標にお越し下さい。
本埜第二小学校  印西市笠神1745

現地では、「白鳥を守る会」の皆さんの指示に従い、マナーを守って、見学しましょう。

 

 

関連記事

印旛沼流域でカミツキガメ40匹捕獲 駆除作戦

カミツキガメ40匹捕獲  

県、印旛沼流域で駆除作戦

 印旛沼流域で繁殖している特定外来生物のカミツキガメ駆除へ、県は16日、西印旛沼と佐倉市の南部川、高崎川などに捕獲用のわな330基を設置。17日にわなを確認した結果、計40匹を捕獲した。今後は北印旛沼と鹿島川にも仕掛け、9月末まで捕獲を続ける。

 カミツキガメは生態系や人体などに被害を及ぼす恐れがあるとして、外来生物法で飼育、放流などは禁止。

 捕獲事業5年目の今年は「網にかかる」という地元漁業者の声や環境省の調査結果を受け、流域河川だけでなく印旛沼や放水路の岸辺も設置対象とした。


引用元: カミツキガメ40匹捕獲 県、印旛沼流域で駆除作戦|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事

白井市冨士の男、40億円分の覚醒剤輸入か

車燃料タンクに覚醒剤溶かし輸入か…40億円分

神奈川県警は3日、千葉県白井市冨士、自動車販売業本田譲治容疑者(61)ら3人を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、本田容疑者らは同日午後1時20分頃、横浜市中区の山下ふ頭で、アラブ首長国連邦から輸入した乗用車のガソリンタンク内に、覚醒剤が溶け込んだ水約90リットルを入れて所持した疑い。覚醒剤は粉末にすると約50キロ・グラム、末端価格約40億円相当とみられ、県警は3人がガソリンに見せかけて密輸入しようとしたとみて調べている。

 乗用車を積んだ船は5月28日に横浜港に入港。今月2日の輸入検査で覚醒剤が見つかった。3人は3日、山下ふ頭で乗用車の引き渡しを受けた後、逮捕された。本田容疑者は「車は輸入したが、覚醒剤が入っているとは知らなかった。ほかの2人には搬送の手伝いを頼んだだけ」などと供述しているという。

2011年6月3日19時55分  読売新聞)

引用元: 車燃料タンクに覚醒剤溶かし輸入か…40億円分 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

関連記事