いんザイ君に特別住民票を交付 千葉・印西市

いんザイ君に特別住民票を交付 千葉・印西市

2012.6.25 22:19
山崎山洋市長から特別住民票を交付されるいんザイ君=25日、印西市役所(島田清撮影)

山崎山洋市長から特別住民票を交付されるいんザイ君=25日、印西市役所(島田清撮影)

 千葉県印西市で広報イベントや啓発グッズへの登場などPR活動に汗を流すマスコットキャラクター「いんザイ君」に25日、特別住民票が交付された。

この日交付された住民票は、市の花・コスモスがあしらわれ、いんザイ君の体の色でもあるピンクを基調としたデザインの特別製。住民となった日(マスコットキャラクター就任日)の「平成23年11月16日」、居住地の「印西市のコスモス畑」などが記されている。

市役所で行われた交付式で、山崎山洋市長は「これからも力を合わせて印西市の名前を全国に発信をしていきたい。いんザイ君、頑張ってください」と、これからの活躍にも期待を寄せていた。

引用元: いんザイ君に特別住民票を交付 千葉・印西市 – MSN産経ニュース.

イマイチ浸透してないいんザイ君ですが、やっと印西市住民になりました。

性別・年齢・家族構成は謎ですが、これからの活躍に期待です!

関連記事

乳幼児から一貫支援 特別支援の子らに白井市

乳幼児から一貫支援 特別支援の子らに白井市

 白井市は、障害を持つ子どもなど特別な支援が必要な市民やその保護者向けに「ライフサポートファイル」を作成した。成長や支援内容の経過を記録してもらい、学校や療育施設といった関係機関と情報を共有。ライフステージをまたぎ、一貫した支援の提供を図る。

医療機関の診断記録といったプロフィール情報に始まり乳幼児、小学生、中学生、青年・成人期とライフステージに合わせた構成で、成長の様子や受けた支援内容などを記入する。同市社会福祉課に同意書を提出すれば福祉、保健、教育などの関係機関も同じ記録を保管。情報共有ツールとして活用でき、一貫した支援が受けやすくなるという。

特別支援学校・学級に通う市内児童らのうち希望者約70人に加え、こども発達センターや各学校で配布している。市ホームページからのダウンロードも可能。

詳しくは同課、電話047(492)1111・内線5307。

引用元: 乳幼児から一貫支援 特別支援の子らに白井市 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事

牧の原に少年院があった?印旛少年院跡

1969年から始まった千葉ニュータウン計画のさらに昔、
現在の西の原小学校辺りに少年院が存在していたそうです。
その名は「印旛少年院

千葉県印西市西の原2丁目7

調べてみると戦時中「印旛地方航空機乗員養成所」なる施設があり、その建物がそのまま少年院として利用されました。

  • 1945年7月には、養成所の生徒舎が数機の米軍機に銃撃され、7人が死亡したと伝えられています。
  • 1954年(昭和29)8月26日(木)にはこの印旛特別少年院から76人が脱走するという事件が起きました。
  • 当時流行した年少小唄(放送禁止歌)に「焼きの印旛か八街か」と歌い継がれました。
  • 1976年に業務停止。1983年に千葉ニュータウン開発公団に土地財産払い下げ。
  • 過去の住所は「千葉県印旛郡船穂村」となります。

1947年の米軍撮影航空写真の印旛少年院。

現在の地図との合成

現在の地図と重ねてみると、ちょうど西の原小学校あたりにあったと確認できます。

印旛少年院跡

現地へ見に行きましたが、わずかに当時のあぜ道が残っている程度で跡形もありませんでした。

DSCF6518DSCF6517

住宅地を造成中でした。印旛少年院の時代からあるシイの木は現存していますが、「シイの木を活かした公園」に造成されるため立ち入りは禁止されていました。航空学校時の石碑もあるらしいのですが確認できず。残念。

DSCF6520DSCF6522

枝を大きく広げて静かにたたずむシイの木。太平洋戦争からいろんな光景を見てきたのでしょう。威厳を感じます。

DSCF6521DSCF6523

現在の西の原小学校。もちろん航空学校や少年院の面影は全くありません。

DSCF6519

印西にも歴史あり。先人たちが今の千葉ニュータウンを見たらどんな思いを抱くのでしょうか。

関連記事