牧の原に少年院があった?印旛少年院跡

1969年から始まった千葉ニュータウン計画のさらに昔、
現在の西の原小学校辺りに少年院が存在していたそうです。
その名は「印旛少年院

千葉県印西市西の原2丁目7

調べてみると戦時中「印旛地方航空機乗員養成所」なる施設があり、その建物がそのまま少年院として利用されました。

  • 1945年7月には、養成所の生徒舎が数機の米軍機に銃撃され、7人が死亡したと伝えられています。
  • 1954年(昭和29)8月26日(木)にはこの印旛特別少年院から76人が脱走するという事件が起きました。
  • 当時流行した年少小唄(放送禁止歌)に「焼きの印旛か八街か」と歌い継がれました。
  • 1976年に業務停止。1983年に千葉ニュータウン開発公団に土地財産払い下げ。
  • 過去の住所は「千葉県印旛郡船穂村」となります。

1947年の米軍撮影航空写真の印旛少年院。

現在の地図との合成

現在の地図と重ねてみると、ちょうど西の原小学校あたりにあったと確認できます。

印旛少年院跡

現地へ見に行きましたが、わずかに当時のあぜ道が残っている程度で跡形もありませんでした。

DSCF6518DSCF6517

住宅地を造成中でした。印旛少年院の時代からあるシイの木は現存していますが、「シイの木を活かした公園」に造成されるため立ち入りは禁止されていました。航空学校時の石碑もあるらしいのですが確認できず。残念。

DSCF6520DSCF6522

枝を大きく広げて静かにたたずむシイの木。太平洋戦争からいろんな光景を見てきたのでしょう。威厳を感じます。

DSCF6521DSCF6523

現在の西の原小学校。もちろん航空学校や少年院の面影は全くありません。

DSCF6519

印西にも歴史あり。先人たちが今の千葉ニュータウンを見たらどんな思いを抱くのでしょうか。

関連記事

校庭の桜延命へ住民ら土壌改良 印西市立本埜第一小

校庭の桜延命へ住民ら土壌改良

3年計画最終年 印西市立本埜第一小

2011年02月20日11時07分[千葉エリア]

印西市中根の市立本埜第一小学校(片野信一校長、児童59人)で今年も、学校のシンボルとなっている樹齢95年前後の桜(ソメイヨシノ)の延命作戦が行われ、教職員と保護者、地域住民、樹木医ら約25人が協力して土壌改良作業に当たった。

桜の治療は枯れ具合が進んでいた校庭に植わる桜の巨木2本を延命させようと、3年計画で実施。1、2年目には幹から伸びた根を竹筒を使って土中に誘導したり土壌改良を行った。

計画最終年の今年は桜の周囲に穴を掘り、堆肥や炭、腐葉土を入れて土壌改良。参加者は根を傷つけないように慎重に作業に当たっていた。延命に協力する樹木医のNPO「樹の生命を守る会」の永野修さんは「新しいこずえが10~20センチほど伸びており、元気になっている証し」と回復具合を診断した。


引用元: 校庭の桜延命へ住民ら土壌改良 3年計画最終年 印西市立本埜第一小|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事

白井市:印旛沼周辺一斉清掃のお知らせ

印旛沼周辺一斉清掃のお知らせ

その川も印旛沼に続いている
 印旛沼水質保全協議会は、毎年度印旛沼流域で一斉清掃を行っています。
 みなさんでごみ拾いをしながら、川や沼に流れこむ水の浄化について、考えてみませんか。

【日時】
 平成23年3月17日(木)午前10時30分から
 (受付は10時から)(小雨決行・順延なし)

【清掃場所】
 佐倉市「ふるさと広場」周辺

【集合場所】

 佐倉ふるさと広場 風車前
  地 図  

【集合場所へのアクセス】

 京成臼井駅から徒歩30分
 京成佐倉駅から徒歩40分
 または東関東自動車道佐倉ICから車で30分
  駐車場位置図

【申込み方法】

 下記申込み先きで、氏名・電話番号をご連絡ください。

申込み〆切】
 
平成23年3月10日(木)

その他】
 
清掃は1時間程度行い、午前11時30分頃に終了予定です。

【主催者】
 
印旛沼水質保全協議会
 ホームページ  http://www.insuikyo.jp/index.html  印旛沼水質保全協議会事務局(千葉県環境生活部水質保全課)
 電話番号 043-223-3818
 FAX番号 043-222-5991
 メールアドレス  suiho5@mz.pref.chiba.lg.jp

【問合せ先】

引用元: 白井市:印旛沼周辺一斉清掃のお知らせ.

関連記事