印西市情報化計画 進行中

 印西市独自の情報ネットワーク構築プロジェクトが、進行しています。
計画自体は2007年からスタートしているそうで、今回は第三次計画案の策定作業となります。いまいち具体的な全容が見えてこないプロジェクトですが、今後行政のネットワーク化が進むのでしょうか。
個人的に興味ありますね、今後の進捗状況見守りたいと思います。

印西市情報化計画

スマートフォンや、公衆無線LAN、光回線ネットワークの普及など、市民の日常生活に深く関わる情報化は日々、急速に進展しています。  本市では、市民満足度を向上するためにも情報通信技術(ICT:Information Comunication Technology)を有効に活用することで、これまで以上のきめ細かな行政サービスの実現ができるものと考えています。  本市の情報化については、平成14年3月に「印西市情報化計画」(第一次情報化計画)に続き、平成19年3月に第二次情報化計画を策定し、総合的・計画的に推進しておりますが、第二次情報化計画の策定から5年が経過し、この間にICTは更なる発展を遂げ、ICTに対する市民の意識や社会情勢も大きく変化してきました。  そこで、これらの状況の変化に的確に対応するため、計画の見直しを行い、平成24年度から5ヶ年の「印西市次期情報化計画」(第三次情報化計画)を策定することとしました。

引用元: 第三次印西市情報化計画の策定について.

情報化計画の概要

2007年6月1日


本計画は、飛躍的に発展する情報通信技術(ICT)を有効に活用し、すべての市民が情報化の利便性を享受できる環境を創り、市民生活や産業活動の向上、地域の活性化、行政サービスの向上などを目的とした、情報化施策を総合的・計画的に推進していくための計画です。

そのため本計画では、本市が目指すべき姿(あるべき姿)を、次のような情報化の基本理念として設定し、情報化を推進していきます。

基本理念: 『市民が安全・安心に暮らせる情報化社会

また、本計画では理念を実現するために、利用者の視点、技術的な視点など、情報化社会を享受するために欠かせない3つの視点でとらえました。

 

情報化社会を実現するための3つの視点

① 市民・事業者の視点
民間企業が顧客へ製品やサービスを提供していくのと同様に、自治体も市民に対する一種のサービス業であり、市民を「顧客」ととらえ、顧客にとっては「サービスが欲しいときが必要なとき」と考えました。

② 業務プロセスの視点
サービスを安定的かつ効率的に供給するためには、安定して働く道具(システム・アプリケーション)や業務窓口の構築が必要不可欠と考えました。

③ 人材・基盤の視点
優れた技術やシステムを導入しても、それらを操作する「人」が、これらを使いこなす力やネットワーク基盤など機器の整備が欠かせないと考えました。さらにこれらを実現する過程で、地球環境に配慮したグリーンICTへの取組も不可欠なものであります。

本計画では、このような情報化の基本理念に基づき、達成すべき将来の目標として、次に挙げる3つを基本施策として設定しています。

 基本施策1: 情報が見える・使える

【市民・事業者の視点】
市内に在住・在勤・在学する人や市内に立地する企業に対して、従来の市役所窓口による行政手続や広報等の行政サービス提供手段に加え、誰もが、いつでも、どこでも、安全・安心に行政サービスを享受できるように、ICTを活用した簡単・便利な行政サービスの提供を拡充していきます。

 基本施策2: 市民に役立つ業務の効率化・高速化

【業務プロセスの視点】
本市ではICTを活用し、市民に見える市役所づくりを目指して、市役所の事務・事業実施状況や財務状況の透明性を確保するとともに、市民に理解されるよう市役所内部の業務の効率化・高度化を図っていきます。

 基本施策3: 人のための情報環境づくり

【人材・基盤の視点】
ICT技術は「道具」であり、道具の使い方を間違えると各種サービスの停止や情報漏えいなど、個人生活はおろか社会活動まで混乱を招きかねないものであります。そこで情報の利用者・管理者が安全かつ効率的に行える仕組みづくりを推進していきます。
また、自然環境に配慮した情報基盤の構築を推進していきます。

引用元: 情報化計画の概要(第三次情報化計画).

関連記事

ジョイフル本田にカー用品棟3月オープン(写真追加)

ジョイフル本田東側駐車場にカー用品棟が出来るそうです。2013年3月オープン。

道を挟んだ向かいにはモアの「イエローハット」や464沿いの「オートバックス」があるのでカー用品激戦区になりそうです。

↓工事看板がジョイフル最東端のフェンスに出てました。

35.806798,140.159819

DSCF7926 DSCF7927 DSCF7928

現場は工事用フェンスで仕切られていました。車が必需品の千葉ニュータウンにカー用品店が増えるのはありがたいですね。続報入り次第お伝えします。

以下、情報元の印西市議のブログです。

== 新商業施設ができます。 ==

* 印西市に提出されている「縦覧書類」より(大規模小売店舗立地法第6条2項の規定により提出されている 書類から記載)【印西市/ジョイフル本田】『カー用品棟』建設へ…現在、ジャリ敷駐車場の場所。小林駅へのバスの発着場東側。(JH店舗敷地東北側)に建設。 店舗、車検ピット、洗車場を設置* 書類上は、来年3月4日に変更(設置)と記載があります。

引用元: ぐんじとしのり 思うがまま~新徒然草.

== ジョイフルホンダ カー用品棟 工事始まりました ==

先日、ご紹介しましたが、工事が始まるようです。

*縦覧されている書類上は、来年3月4日に変更(設置)と
記載があります。しかし、掲示されている看板は工事の完了は
3月10日と書いてあります。。。3月下旬オープンと考える?

引用元: 環境委員会出席しました。: ぐんじとしのり 思うがまま~新徒然草.

関連記事

印西市立印旛歴史民俗資料館に行ってきました

印旛地域の歴史資料を展示する「印西市立印旛歴史民俗資料館」に行ってきました。
元印旛村の施設で印西市の東部、主に印旛沼の歴史が掘り下げられています。歴史の浅い千葉ニュータウンにくらべ密度の濃い印旛2000年の歴史が綴られておりマニアにオススメです!

残念ながら館内は撮影禁止でしたので外観とカタログをご覧ください。


DSCF7898DSCF7900
DSCF7902DSCF7901 

引用元: 印西市立印旛歴史民俗資料館.

印西市の各種歴史資料の調査研究・収集・保管・活用等の事業を通じて市民の教育、学術及び文化の発展に寄与するために設置されました。常設展示はいつでもご覧いただけ、そのほかに企画展、体験教室、講座等を行っております。地域に密着した歴史や豊かな文化に関する情報発信の場としてだけでなく、それら情報交換の場としてもご利用ください。

【所在地】 〒270-1616 千葉県印西市岩戸1742

千葉県印西市岩戸1742

↑入口が分かりにくいのでご注意いください。赤線が進入路です。

 

開  館 昭和61年10月6日  敷地面積 1,123.95㎡  延床面積 822.311㎡  構  造 鉄筋コンクリート造 平屋建

【電  話】 0476-99-0002

【F  A  X】 0476-99-2223

【Eメール】 siryoukan@ml.city.inzai.chiba.jp

【開館時間】 午前9時~午後5時

【休館日】 月曜日・祝日(月曜日が祝日の場合は火曜日も休館)・12月28日~1月4日 特別の事情により、教育委員会が必要と認めた日

【入館料】 無料

【交  通】  北総線印旛日本医大駅または京成電鉄うすい駅より宗像路線バス 岩戸下車徒歩5分

【駐車場】 30台 *隣接する印西市立宗像小学校との共同利用

【主な展示品】

民俗資料 (印旛沼の漁労具、農具、養蚕、くらしにかかわる道具など)

歴史資料 (江戸時代の古文書)

考古資料 (大木台2号墳出土埴輪、立田台第2遺跡出土箱式石棺、吉高浅間古墳、萩原長原遺跡、戸ノ内貝塚、石神台貝塚)

地学資料 (貝化石)

 

関連記事