千葉ニュータウンのちょっと気になる。【道路編】

千葉ニュータウンで、ここちょっとおかしいんじゃない!?という事象を検証します。その道路編です。

問題点は随時募集中。どんな事でもかまいませんのでお寄せください。twitterでもOK。

小室町の464号 上下線とも歩道が無くなる

国道464号線の小室付近は、上下線とも16号のジャンクションに阻まれ、歩道が整備されていません。

35.787045,140.073452

↓下りの歩道は16号に連結されてしまい、ラーメン横綱の信号まで北上しなければ先へ進めません。最短でも下記のように大きく迂回せざるを得ません。

[insert_meta key=”map2″]

↓464上りは16号をくぐりしばらく進むと歩道が無くなります。迂回路も無く464の細い路側帯を自転車で通行するのは命がけです。昔はガードレールすらありませんでした。(ガードレールが出来てさらに路側帯が狭くなった感もあります・・)

船橋市さん30年このままなので、なんとか改善していただけませんか。宜しくお願いします。

 

関連記事

白井市長選 沿線自治体の議員も応援に走る

沿線自治体の議員も応援に走る 結果次第で影響… 

2011.5.19 22:08

 北総鉄道(北総線)の運賃値下げ問題をめぐり、前市長失職に伴う千葉県白井市の出直し市長選は、立候補した3人が連日、舌戦を繰り広げている。そんな中、各陣営には地元ではない近隣地域の市議や県議らが大きな関心事として積極的に応援に加わるなど、通常の選挙戦とは異なる様相となっている。

 立候補を届け出ているのは、前市長の横山久雅子氏(61)、元市議の柴田圭子氏(53)、元市市民経済部長の伊沢史夫氏(55)=自民推薦=の3人。補助金支出について、横山氏と伊沢氏は賛成を表明し、柴田氏は反対の立場を示している。

 今回の市長選と同様に、4月に実施された市議選も補助金支出に対する賛否が争点となり、選挙結果はわずかながら賛成派が上回ったが、市長選の結果次第では、値下げにかかわる関係自治体との合意の枠組みが見直される可能性もある。

 「適切な値下げを訴えようとする柴田候補は勇気ある行動だ。結果によって沿線自治体の将来が変わる」と話すのは、印西市の山本清市議。沿線の鎌ケ谷市区選出の県議も「民意を実現させる重要な選挙だ」と補助金支出を見直す動きにつながるとみている。

 補助金支出をめぐり、首長と議会が対立する構図が表面化したのは白井市だけだが、関係者によると、補助金支出に合意したものの、値下げ幅に不満を持つ沿線自治体はあるという。

 賛成の立場を示す横山氏には、民主党の若井康彦衆院議員や柏市長らが応援。若井衆院議員は「反対派市長では、北総鉄道の現状を打開できないし、国も動かせない。市民の判断は市議選で示された。合意がなければ、さらなる値下げは実現できない」と話す。

 伊沢氏は印西、鎌ケ谷、柏市の市議らの支援を受けている。印西市の藤代武雄市議は「値下げ問題は単独では解決できないし、議会と市長が対立したままではいけない。近隣自治体がスクラムを組むため、リーダーシップが必要だ」と強調している。

引用元: 【白井市長選】沿線自治体の議員も応援に走る 結果次第で影響…  – MSN産経ニュース.

関連記事