26選挙区は“無風状態” 2011年千葉県議選

127人が出馬準備

26選挙区は“無風状態” 2011年千葉県議選

2011年02月02日10時23分

任期満了に伴う千葉県議選(定数95)は、4月1日の告示まで2カ月を切った。千葉日報社の1日までの集計では、立候補の準備を進めているのは45選挙区合わせて127人。このうち26選挙区が立候補予定者数と定数が同じ“無風状態”だが、一部の選挙区では無投票を回避する動きもあり、今後、候補者が増える可能性もある。選挙戦が確実な19選挙区ではすでに激しい前哨戦が繰り広げられ、4月10日の投開票日に向け、各陣営の攻防はさらに熱を帯びそうだ。

今回の千葉県議選は、前回2007年と同じ選挙区と定数で行われる。党派別の公認内訳は、自民56人、民主31人、みんなの党8人、公明7人、共産5人、市民ネット3人、社民2人、無所属15人(諸派1人含む)。無所属のうち推薦候補は自民2人、民主1人、社民1人。

全18選挙区を自民が独占している定数1人区では無風状態が大半を占め、選挙戦が確実視されるのは白井市と印西市の2区。さらに18選挙区ある2人区でも、自民と民主が議席を分け合っている選挙区を中心に無風が目立つが、昨夏の参院選で旋風を巻き起こしたみんなの党が擁立を目指す動きもあり流動的だ。

一方、定数6に対し12人が出馬を予定する市川市、定数3に6人が立候補表明している佐倉市、7議席を10人で争う船橋市などでは大激戦が予想される。

自民党は、現職5人が今期限りでの引退を表明。公認候補として現職48人、新人7人、元職1人を擁立。すでに推薦候補2人を決めているほか、千葉市美浜区でも推薦を検討する。

当初35~40議席を目標としてきた民主党は現職19人、新人12人の31人の公認候補が出馬を予定。ほかに白井市で推薦候補を内定している。


引用元: 127人が出馬準備 26選挙区は“無風状態” 2011年千葉県議選|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

関連記事

日本最大級の古着屋が中央駅にオープン

日本最大級の古着パークが2月25日(金)千葉ニュータウンにオープンします。場所は中央駅南口5588(旧ダイエー)の1F。駅前の一等地に微妙な業種ですが、個人的に古着は大好きなのでどんなお店になるのか楽しみです。

古着業界の革新的カンパニー  ピープル ミーツ ウェアーが仕掛けます!!

アミューズメント古着パーク【people meets wear】

people meets wear 千葉ニュータウン店

【2月25日(金)OPEN!】
【店名】 people meets wear 千葉ニュータウン店
【住所】 千葉県印西市中央南1-8 5588 CHIBA-NEWTOWN 1F
【電話番号】 準備中 【営業時間】 11:00-20:00 【買取時間】 11:00-19:00

千葉ニュータウン中央駅(千葉)

以下 プレスリリース

革新的なNewスタイルの古着パークとして古着業界をリードしている
千葉県最大級のアミューズメント古着パーク「People meets wear(ピープル ミーツ ウェアー)」が
千葉県・千葉ニュータウン店(印西市)に日本最大級の古着パークをオープン致します。

報道関係者 各位
プレスリリース

2011年2月2日
株式会社PMW

======================================================================================
千葉県最大級のアミューズメント古着パーク「People meets wear(ピープル ミーツ ウェアー)」(以下PMW)
「会社名:(株)PMW 所在地:千葉県千葉市稲毛区 代表者:渡邊 佳克」は、2009年の本店開店以来
革新的なNewスタイルの古着パークとして古着業界の概念を打ち破ってまいりました。
2月25日(金)、千葉県・千葉ニュータウン店(印西市)に日本最大級の古着パークをオープン致します。
よりバージョンアップした「People meets wear(ピープル ミーツ ウェアー)」の誕生です。
======================================================================================

◆日本最大級の古着パーク

アミューズメント古着パーク PMWの標榜する先は、古着パークのディズニーランド。
千葉ニュータウン店は、店舗面積500坪と従来の古着店では類を見ない
日本最大級を誇ります。
様々なイベント・展示方法を下に、ディズニーランドように完成形の無い、
何度来店してもワクワク・ドキドキ感で、老若男女が楽しみながら買い物ができる
進化系アミューズメント古着パークを仕掛けてまいります。

◆業界初!新洗古着

PMWの1番の革新性は、買い取った古着を店内でクリーニングする事。
従来の古着店では、買い取った古着をそのまま店頭に並べるのが一般的です。
千葉ニュータウン店は、お客様が見える店頭にクリーニングコーナーを設置し、
より清潔な商品として古着の固定概念を壊します。
(一部商品には洗濯ができないものもあります)

◆新洗古着詰め放題

PMWの革新性に、古着詰め放題もあります。
2000円コースと5000円コースがあり大評判を呼んでいます。
イベントとして、詰め放題を行っている店舗はあるようですが、
常時詰め放題を開催している古着店は現在 PMWオンリーワン。
また、年に1度お客様への感謝を込めて「T-1(ツメ‐ワン)選手権」も開催しています。

◆PMWの想い

2009年度の古着市場規模は約3000億~4000億円といわれております。
アパレル全体の年間販売額が約10兆円といわれることから、
衣類全体の3~4%を古着が占めていることになります。
弊社は、有限である資源を効率的に利用すると共に再生産を行って、
持続可能な形で循環させながら循環型社会のお役に立てればと考えています。

【会社概要】
会社名 株式会社PMW
代表者 渡邊 佳克
創 業 2009年2月
設 立 2011年2月
所在地 〒263-0002 千葉県千葉市稲毛区山王町140-4
TEL 043-290-9591
FAX 043-290-9592
URL http://www.peoplemeetswear.com/
Email info@peoplemeetswear.com
担当  渡邊

日本最大級の古着パーク  2月25日(金)千葉ニュータウン店オープン! 古着業界の革新的カンパニー  ピープル ミーツ ウェアーが仕掛けます!!

関連記事

北総線値下げ裁判

北総線値下げ裁判の記事で不適切な内容を掲載し、会の皆様にご不快の念をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。2010/01/19 千葉ニュータウンオンライン 管理人

 

北総線(旧北総公団線)は、皆さんご存知のように、運賃が日本一高い路線です。

沿線住民は開業以来30年にわたり、この高運賃に苦しんできました。

スカイライナー開通で大幅な運賃値下げが期待されましたが、残念ながらわずかな値下げ案で決着しそうです。そこで業を煮やした白井・印西市儀の有志が国を相手に訴訟を起こすことになりました。

それが北総線値下げ裁判です。

関連サイト

2010/01/14

定例会の案内が来ました。お時間のある方はぜひご参加ください。

北総線値下げ裁判の会 例会開催のお知らせ

1月16日(日) 午前10時から

白井市駅前センター 研修室Ⅱ

1. 市民へのお知らせ・働きかけ・集会など

2. 2月9日(水)に予定されている第2回口頭弁論対策

3. まだ決まっていなかった一部役員(事務局長・会計)の決定

などについて議論します。

できるだけ都合を付けて参加下さるようお願いいたします。

武藤 弘

2010/12/29

なお引き続き北総線値下げ裁判メールマガジン購読者募集中です。

以下引用

北総線値下げ裁判の会では、メルマガを不定期に発行しています。ぜひ、購読をお願いいたします。

メーリングリストと違って、沢山のメールが届くということはありません。

また、見ず知らずの方からメールが届くと言うこともありません。

ぜひ、購読をご検討ください。

藤野龍一 <ryuuichi.thono@gmail.com>

2010/11/16

北総線裁判の例会・総会の案内が来ました。

お時間のある方はぜひご参加ください。

みなさん

北総線裁判の会 例会・総会への参加をお願いいたします。

前回の例会では規約案の議論が途中までしかできませんでした。

引き続き検討を行います。

1.裁判の会11月例会

11月21日(日) 9時30分~

白井駅前センタ-

千葉県白井市堀込1丁目2−2

5月26日に団体として立ち上げましたが、まだ、総会を開催していません。

下記の日程で開催します。予定に組み入れてくださいますようお願いいたします。

2.裁判の会総会

12月12日(日) 9時30分

白井駅前センタ-

武藤 弘

2010/10/26

裁判の会メールマガジンから進捗状況が送られてきました。

ご興味ある方は、次回の説明会にはぜひご参加ください。

10月31日北総線値下げ裁判の会 例会のお知らせ

開催日時 10月31日 9時30分

会場   白井市桜台センター

[insert_meta key=”map”]

議題

1.11月10日の初公判への取り組み

2.まだ開かれていない総会開催に向けての準備

これには、規約の検討も含まれます。

3.その他

大変重要な内容を含みますので、ぜひ、ご都合をつけてご出席いただきますようお願いいたします。

武藤 弘

(藤野龍一代筆)

追伸

裁判の会ではメルマガを発行しています。ぜひ、購読してください。

裁判の会メールマガジン申込はryuuichi.thono@gmail.comまで。

2010/09/30

裁判の会メールマガジンから進捗状況が送られてきました。

北総線値下げ裁判の会と                  2010年9月30日

共に運動に参加の方、支援・協力を頂いている方      北総線値下げ裁判の会

会長 武藤 弘

私たちは、8月17日に北総線の高運賃の是正を求めて国を相手に行政訴訟を東京地裁に起こしました。 この裁判は、日本の行政法のトツプにある阿部康隆弁護士に宇佐見方宏、河口まり子弁護士と強力な弁護団とスクラムを組み京成電鉄・北総鉄道の不当な運賃を認可した国を相手の戦いです。

この裁判は、弁護団も「この戦いは容易ではなく、長引くことも考えられる、その戦いを有利にするのも、支えるたくさんの住民の結束です」だと言っております。

みなさん この裁判に結集する輪をより大きくして、勝利のその日まで共にがんばりましょう!

裁判の会は、皆様と情報の共有化をはかる方法として、会合・集会・チラシ・メ-ル・fax・郵便を利用いたしております。必要な情報は、なるべく費用を少ない方法を取りたいと考えています。そこで皆様にお願いいたします、fax或いはメールをお持ちの方は是非下記宛てお知らせ願います。

今回は、9月12日の報告集会と提訴記者会見様子を皆様へ報告いたします。

faxの連絡先  武藤 弘 0476-1026   柴田圭子 047-491-6471

メールの連絡先  藤野 龍一 ryuuichi.thono@gmail.com

2010/09/03

訴訟代表の武藤さんから提訴報告会の連絡が来ました。

9/12ですのでお時間のある方はぜひご出席ください。

以下メール引用。

2010年9月12日報告会について、お知らせ

8月17日に東京地裁に提訴しました。その日に白井駅前センターで記者会

見をしました。

今後のことですが、9月12日に一般市民向けに報告会を企画しています。

会場を一杯にしたいと思います。ご参加とご支援をお願いいたします。

日時と会場

9月12日(日)

12時30分開場 13時開会

印西市 中央駅前センター 2階会議室

14時30分開場 15時開会

白井市 文化会館 中ホール

担当弁護士がお見えになります。

問い合わせ

* 武藤  弘 (固定電話) 0476-46-1026

(FAX)  0476-46-1341

* 柴田 圭子 (携帯電話) 090-4068-3792

* 武藤 邦芳 (携帯電話) 080-7013-4892

会長 武藤 弘

2010/08/17 行政提訴

ついに北総線運賃値下げの提訴が東京地裁に行われました。

原告を募る活動が実を結び住民16名と1企業が名乗りを上げました。

運賃の公正さを問う、国を相手取る裁判としては異例の訴状内容ですが、住民の代表として戦う原告団を応援しましょう!

ちなみに争う相手は「国土交通省鉄道局」という部署だそうです。

直接意見を言えるフォームがあるのでご意見のある方は訴えてみてはいかがでしょうか。

たった5%の値下げで鎮静化を図る行政・京成に喝を!!

2010/08/07 サイト完成

提訴に向けて若干遅れが出ているそうですが、準備は着々と進められており

北総線値下げ裁判の会」のサイトが出来上がったそうです。

裁判の経緯や目的が詳しく解説されてます。

北総先住民の皆さん、ぜひご一読ください。

以下サイトから引用

1.長い住民運動にも関わらず、国交大臣は、京成電鉄の申請をそのまま認可してしまいました。

2.公共交通機関の運賃体系として、また、異なる会社間の線路使用料の契約として、その内容は、不合理・不公正なものです。

政治の場で問題の解決が図れないなら、司法の場で解決の道を探ろうとして、

「北総線値下げ裁判の会」を組織し、住民が立ち上がりました。

ちなみに「藤野.jp」というすごいドメインですが、藤野さんとは誰なんでしょうか?

2010/06/19 裁判に関する説明会

裁判に向けての活動と原告募集の説明会が、白井・印西の3箇所で開かれました。

@1回目 午前10:20 ~ 11:50

印西市中央駅前公民館

@2回目午 後1:20 ~2:50

白井駅前公民館

@3回目 午後5:20 ~6:50

印西市そうふけ公民館

どの会場も最後は満席になったそうで住民の関心の高さがうかがえます。

私は最後のそうふけ公民館に出席しましたが、皆さんの熱意に圧倒されそうでした。

2010/05/27 裁判の会が発足

北総線の運賃値下げ問題で

北総線の運賃値下げ問題で、沿線の住民や市議でつくる「北総線値下げ裁判の会」(武藤弘代表)が二十六日発足した。

会では国を相手取り、七月中旬にも運賃値下げなどを求める行政訴訟を起こす方向で準備を進めているという。

会のメンバー約二十人が同日、印西市立中央公民館で記者会見。

会によると、北総線の運賃は不当に高いとして、運賃の認可権がある国に対し、値下げの変更命令を出すことなどを求める訴えを起こしたいという。原告はまだ決まっていないが、沿線住民ら五~七人を予定。訴訟費用については「カンパを募りたい」としている。

武藤代表は「(運賃が高いという)われわれの主張がおかしいのかどうかということを、法的に確認したい」と話している。(東京新聞

関連記事