印西牧の原にオートバックス・良品買館・業務スーパー・産直めぐみの郷など。 バイクセブンは計画中止

東京インテリアの西ブロックにオートバックス・バイク用品店などができるとの情報が入りました!
千葉ニュー住民 さん2011年01月10日 22:20(コメントありがとうございます!)

35.804797,140.142953

2011/11/03

なんと驚きの事実が!バイクセブンは計画中止になり、代わりにリサイクルショップ

「良品買館」http://www.ryouhin-kaikan.com/ がオープンするようです。

DSCF7161DSCF7162DSCF7163DSCF7164

神戸新聞の記事↓

千葉県に開業 神戸・G‐7HDが複合商業施設

G‐7ホールディングス(HD、神戸市須磨区)は3日、自動車用品の「オートバックス」や、家具や洋服のリサイクル店「良品買館」など、自社がフランチャイズ展開する店舗を集めた複合商業施設を千葉県印西市内に開業する。敷地面積は約1・3ヘクタール。同社の複合施設は加古川市内に続き2店目という。

 A、Bの2棟からなる「G‐7モール千葉ニュータウン」。A棟には「オートバックス」「良品買館」が入居。B棟は2012年4月以降に開業予定で、業務スーパーやレストラン、農産物直売所「めぐみの郷」が入る。合計床面積は約5500平方メートル。

投資額は約7億円。全面開業後は、年間売上高約10億円を見込む。同社は「グループ店舗を複合して相乗効果を図り、各店の知名度を高めたい」としている。

http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0004593353.shtml

おいおいおいおい「バイクセブン」楽しみにしてたのに非常に残念です・・。

 オートバックスオープン

DSCF7158DSCF7160

オープン当日は露天や特価セールなどイベントもりだくさん。デモカーも大量に展示。

DSCF7159←BMWかっけー!!

DSCF7165DSCF7166

キャンピングカーも展示中。個人的にはこれが一番欲しい。ハイエース最高。

2011/11/03

オートバックスが本日11/03にオープンします!

バイクセブン他はまだみたいですね。

2011/01/11

確認しに行ったところ確かに東京インテリアの西の空き地に建設計画看板がありました!

東京インテリアの真横に位置します。

看板を良く見るとオートバックス・バイクセブン(バイク用品店)・業務スーパー・産直市場(めぐみの郷)・レストランが建設されるようです。相当な規模になりますね。期待しちゃいます!

工事開始は6月1日、完成は9月30日です。

オートバックス
バイクセブン

業務スーパー

産直市場めぐみの郷

場所はここ。UR公募一覧より

オートバックス 千葉ニュータウン店

用地を確保したG-7ホールディングスはオートバックスや産直店めぐみの郷などを運営しています。

↑このような複合店舗になる模様です。個人的にバイク用品店ができるのは嬉しいです。ライコランドまで行かなくてすみます!

関連記事

印西市文化ホール ロビーコンサート~VOL.1

印西市文化ホール主催事業

~ロビーコンサート Vol.1~2011年4月14日フラスタジオ・ピリアロハ

ハワイアン・ショー

♪ 日 時 : 平成23年4月19日(火) 開演14時(開場13時30分)

♪ 場 所 : 印西市文化ホール ホワイエ

♪ 出 演 者 : フラスタジオ・ピリアロハ

♪ 入場無料

《プログラム(予定)》

ハナ / カ・オルア・アロハ / カイマナ・ヒラ / レイ・ナニ

「みんなで歌おう」 “朧月夜”“花”

ハレアカラ・フラ / カ・ノホナ・ピリ・カイ

ケ・アロハ / カ・ウルヴェヒ・オ・ケ・カイ

「みんなで踊ろう」 “月の夜は”

引用元: 印西市文化ホール主催事業 ~ロビーコンサート~VOL.1.

関連記事

合併記念美術展覧会 印西市文化ホール

北斎や菱川師宣らの名品紹介

市民作品85点も 印西市合併記念美術展

肉筆浮世絵や花鳥画の優品を紹介している「印西市合併記念美術展覧会」=印西市文化ホール2階

新印西市誕生1周年を記念した美術展覧会(市教委主催、市絵画協会主管)が、同市大森の市文化ホール2階で開かれている。浮世絵の巨匠、葛飾北斎らの作品をはじめ、江戸時代の絵師、伊藤若沖の初公開作品を含む摘水軒記念文化振興財団所蔵の貴重な作品22点などを展示している。

特別展では北斎の「雪中鷲図」、菱川師宣「元禄若衆図」、喜多川歌麿や鳥文斎栄之の美人画といった“一点もの”の肉筆浮世絵のほか、若沖「松下群鶏図」や岡本秋暉「百花百鳥図」などの花鳥画を展示。普段目にできない日本画の名品を楽しめる絶好の機会となっている。


引用元: 北斎や菱川師宣らの名品紹介 市民作品85点も 印西市合併記念美術展|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ.

2日から合併記念美術展覧会 印西市文化ホール

千葉県印西市の「印西市文化ホール」で2日から6日まで、新市誕生1周年を記念した「印西市合併記念美術展覧会」が開かれる。

摘水軒記念文化振興財団(同県柏市)の協力を得て、菱川師宣の「元禄若衆図」をはじめとする江戸時代の浮世絵師の作品など、同財団が所蔵する肉筆浮世絵、花鳥画22点を展示する。

また、新印西市をテーマに市民が制作した美術作品や市民所有の芸術作品も併せて並べられる。入場無料。問い合わせは、同市生涯学習課(電)0476・98・1120。

引用元: 2日から合併記念美術展覧会 印西市文化ホール – MSN産経ニュース.

関連記事