グッドマン/千葉NTに1000億円規模の物流施設含む大規模ビジネスパーク

http://lnews.jp/2014/11/g111301.html

グッドマン・ジャパンは11月13日、マルチテナント型物流施設を含む総合的なビジネスパークの開発を発表した。
<グッドマンビジネスパーク千葉の鳥瞰>
グッドマンビジネスパーク千葉の鳥瞰
<外観パース>
外観パース2
外観パース
外観パース
千葉県内陸部の人口集積地である千葉ニュータウンに立地。グッドマンがマスタープランを手掛ける革新的なコンセプトの大規模ビジネスパークとしている。
複数の施設で構成し、その竣工価値は総額1000億円超としている。
<商業施設>
商業施設
<公開広場>
公開広場
<保育園>
保育園
<給油所>
給油所
<バス停留所>
バス停留所
マスタープランによると、マルチテナント型物流施設「グッドマンビジネスパーク千葉イースト」のほかに、もう1棟のマルチテナント型物流施設の建設も予定。さらに、BTS型物流施設のゾーン、High Tech Zoneと呼ばれるデータセンターや軽工場、R&Dの集まるゾーン、そして近隣住民や従業員が利用できる広場、保育園、宿泊施設やカフェ、レストランなどの商業施設を備えたRetail&Amenity Zoneを設け、施設までは循環バスを走らせる予定。千葉ニュータウンに新たなビジネスパークが出現することになる。
ロケーションは、国道16号線、国道464号線のふたつの幹線道路に近接。最寄駅は北総線「千葉ニュータウン中央」駅からは、京成押上線、都営浅草線、京急線への直通乗り入れが可能。電車を利用した都心、羽田空港、成田空港へのアクセスにも優れている。
内陸の高台で、地盤の強固な洪積台地上に位置しており自信、水害のリスクの少ない地域と言われ、事業継続性の高いエリア。千葉ニュータウン周辺は継続的に労働人口が増加しており、「全国住みよさランキング」でも3年連続で1くらいを獲得している。
プロジェクト第1弾として、「グッドマンビジネスパーク千葉イースト」を着工する。上り下り専用ランプによる各階アクセス可能な12万㎡の高機能物流施設で、すでに建設に着手しており2016年3月竣工予定。
24時間365日のオペレーションに対応。床荷重や天井高等の建物仕様、ラックや搬送・仕分け設備、冷凍・冷蔵対応等の設備に関する要望にも柔軟に対応する。
既に、25%のスペースで国内の有力物流企業と賃貸借予約契約を締結済み。
BTS型物流施設の開発では、顧客の要望に応えたカスタムメイドの施設の開発が可能だ。
<抱負を語るポール・マクギャリーCEO>
抱負を語るポール・マクギャリーCEO
グッドマン・ジャパンのポール・マクギャリーCEOは「コンセプトはLive+Work+Play。まさに一つの町を作ろうということ。都心近くにこれだけの好立地の土地はもうないと思っている。このコンセプトは60社にも及ぶ企業の声や要望を多角的に吸収し入念に設計されたもの。そのために、従業員が安全・安心に生活でき、働く女性のために、保育園などのアメニティ施設の充実を徹底した。広場や店舗なども設置予定。まさに新しいビジネスパークのスタンダードの誕生だと考える」と述べた。
■概要
名称:グッドマンビジネスパーク千葉イースト
敷地面積:5万9000㎡
建物形体:鉄骨造一部鉄筋コンクリート造4階建 ランプウェイ
床荷重:1.5t/㎡
天井高:梁下有効5.5m

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントにはJPG、GIF、PMGが添付できます。